12星座【誕生月】 ギリシア神話 星座

うお座の特徴とギリシア神話での物語

うお座は秋の夜空の頭上で輝く星座で『くの字』が逆さになったような形をしています。魚が二匹繋がれたようなうお座の特徴とギリシア神話における物語について紹介したいと思います。

 

うお座の特徴


秋の全天の頂にあるうお座ですが、うお座を形作る恒星は4等星以下の明るさを持つものだけなので探しにくい星座です。しかし、ペガススの大四辺形を目安に探すと簡単に見つけることができるので覚えておきましょう。

ペガススの大四辺形は3個の2等星と1つの3等星でできたものなので頭上を見上げるとすぐに見つけることができます。うお座はペガススの大四辺形の南と東の外側にスーッと伸びるように描かれているのでその姿を探すときにはくの字を目安に探すようにしましょう。

うお座には春分点があり天文学でも重要な星座とされています。

 

うお座のギリシア神話での物語


うお座についてのギリシア神話での物語ははるか昔、神々がナイル川のほとりで宴会をしていた時にさかのぼります。この物語はやぎ座に関する神話と並行して語り継がれる物語なので確認してみるようにしましょう。

神々が宴会を楽しんでいると突然頭が100個ある大蛇のような怪物であるデュフォンが出現し、神々は恐れおののくことになりました。そのとき宴会の席にいたアフロディアとエロスは魚の姿に変身し逃げ出しました。

このアフロディアとエロスは母と娘であり強い親子の絆で結ばれていたため、星座となって夜空を照らす星になったときにも離れ離れにならないように糸でつながれたようになっています。

うお座と同じ水にまつわる星座であるみなみのうお座もこのときに逃げ出した太陽の神アポロンの姿であると伝えられています。

 

うお座の星に名前を付けれるスターネーミングギフト

-12星座【誕生月】, ギリシア神話, 星座