星について

星が光るのはなぜなのか?星の寿命は何年?

2018/06/22

夜空を見上げてみると零れるほどの輝く星々。手を伸ばせば届いてしまうような錯覚を覚えた経験のある方も多いのではないでしょうか?ところで、あなたは星がなぜ光っているのかしっていますか?

普段何気なく見ているけどあまり意識したことがない星が光る理由についてここでは紹介したいと思います。

 

星が光るのは反射が原因?

星が光っているのって太陽の光を反射して光っているんじゃないの?って思っている方もいるかもしれませんね。

たしかに惑星に関してはそうなのですが、夜空を見上げて見えるほとんどの星(恒星)については太陽の光を反射して光っているわけではありません。

星そのものが光を放っているんです。

関連記事
星座の起源について!トレミーの48星座と星座の歴史とは

 

星が光る理由

星がキラキラと光る様子はとてもきれいでロマンチックに感じますよね?しかし、あなたが見とれているその星の光は核融合により発せられたものです。

そう考えると少し怖い感じもしちゃいますよね?

核融合は原子同士が衝突することで新たな重い原子が発生します。そのときに莫大な熱エネルギーが発生し、表面を焼き尽くすことで地球にまで届くものすごい光を放っているんですね。

あなたが見ている星の光

あなたが夜空を見上げてきれいだと感じているその光ですが、その星の今を見ているわけではありません。もっとも明るい星のシリウスという恒星が発する光は、地球に届くまでに約7年もかかってしまいます。

もしかするとあなたが見ている星は今現在もう消滅してしまっているかもしれない…なんてこともあり得るのでとっても不思議ですね。太陽は地球から近く約8分程で光が届くと言われています。

しかし、中には光が届くまでに100億年以上もかかってしまう非常に遠い距離になる星も数えきれないほどあるので、とってもロマンがありますよね?

星に名前を付けてプレゼント

 

星の寿命はどのくらい?

星が光るために必要な核融合するための水素には限りがあります。星の寿命は質量と比例しますが、小さな恒星で数兆年近く光り続け、質量が大きな恒星の場合は数百兆年も光続けます。

こう考えると地球が誕生したのはわずか46億年前、人類が誕生したのはわずか20万年前なので我々人類の常識では測ることができない神秘をこの宇宙は秘めていると言えます。

 

まとめ

こうやって宇宙について考えていると自分の人生がほんの一瞬に感じてしまうほど儚い存在だということが理解できます。その短い人生の中で夜空を見上げ、ロマンを感じることはとても素敵なことだとあなたも思いませんか?

毎日が忙しく星空を見る余裕もないという方も多いと思います。

そんなときにこそ星空を見上げて今の自分にできることがなんなのかということを感じれば、人生も星のようにキラキラと輝かしいものになるのでないでしょうか。

-星について